2013年02月04日

名古屋市人口動態2012年12月

過去3年間、1Q決算は2月3日か4日に発表されていたので、今日は朝からそわそわしながら決算を待っていましたが、今日は発表されないようです。
例年より決算発表が遅れると、株主としては心配になるものですよね(^_^;) 明日には発表されますよね?
名古屋市人口動態統計
最近の株価推移は上記の通りで、年末の株式2分割による株価上昇を除けば横ばいといった感じで、昨年の11月中頃からバイオや不動産株、大型株などが華々しく暴騰しているのと比べるとなんとも寂しい値動きです。完全に物色の圏外ですね。まあいつものことなんですが(笑)
ティア株のウエイトの高い私のポートフォリオは完全に日経平均に負けていて、周りの投資家の方々の1月リターンとは比べようもなく^_^;お恥ずかしい限りです。
ティア株も暴騰する日を夢みながらぎゅっと握りしめ、忍耐の日々を過ごしたいと思います(笑)

2012年12月分の名古屋市の人口動態統計が出ていますので、ティアの業績と密接に関係している死亡者数についてまとめてみます。
12月の名古屋市内の死亡者数は1,641人で、前年同月と比べ1人の減少となりました。
名古屋市人口動態統計
発表を待っているティアの第1四半期でみると5,080人となり、前年同期と比べて3.4%の増加となります。ティアも葬儀件数の増加が期待できそうです。
2012年は夏前頃から全国的に死亡者数が前年を割る動きが続いてきましたが、今期からは例年通りの傾向に戻っています。死亡者数の増加は葬儀件数の増加につながるので、1Qの業績はそこそこ良いと思うんですが、明日以降の発表が気になります。

厚生労働省が日本全国の人口動態統計を発表していますが、最新のデータは2012年11月になります。
過去3年の月別の死亡者数増減は下記のグラフの通りです。
名古屋市人口動態統計
基本的にはプラス側の月が多く、日本全体で見ても死亡者数が増加傾向であることが分かります。
しかしながら2012年については例年と大きく傾向が異なり、3月から9月までマイナスで推移していました。それが10月以降は例年通りの傾向に戻っています。

競合他社の業績修正も発表されており、神奈川県中心の平安レイサービスは業績の上方修正を発表しています。今期は葬儀業界の業績にも期待できるのかもしれません。業績発表とともにティアにも注目が集まるといいんですが、名証単独上場では注目されるにも限界があります
以前から冨安社長は、関東進出と東証上場はセットで考えている、関東では東証上場のティア!とアピールしないとなかなか知名度が上がらないと説明してきましたが、関東進出が実現した次のステップとしての東証上場はいつになるのでしょうか?

名証が協賛しているセミナーに参加しても、売買高の少ないティアは完全無視でした。こんなつれない対応の名証は早く卒業して、東証に鞍替えしてほしいものです。東証上場となれば知名度も上がりますし、注目も集まりやすくなると思うので、早く実現して欲しいですね!

平安レイサービスは、自称?相場師 鎌倉雄介という人がブログで推奨して株価が上昇しているようです。
さすが著名ブロガーが推奨すると違いますね!
ティアはもう6年近くも推奨し続けていますが、なかなか華々しく注目されることはありません(笑)
ティア専用のブログまで作って応援しているのに、まだまだ私の力不足を感じます(^_^;)
これからもティア情報を全世界に向けて提供していきますので、今後ともよろしくお願いします。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
 上位を狙っています♪クリック応援よろしくお願いします
るんるん
posted by Zaimax at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 受注動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。