2011年10月29日

ティア業績下方修正!

予想通りの展開ではありますが、2011年10月27日にティアの通期決算について業績下方修正が発表されました。
売上高5.6億円減(▲6.9%)、営業利益0.7億円減(▲8.8%)
経常利益0.7億円減(▲9.6%)、純利益0.48億円減(▲12.1%)
という内容であり、前期と比べると増収減益
となってしまいました。
下方修正の原因としては、葬儀件数・葬儀単価共に期初予想を下回ったためということです。
2Q決算の下方修正が発表されて以降、通期も下方修正になる可能性が高いとこのブログでも指摘してきましたが、やはり下方修正になってしまいました。下記の3Q決算時の記事でも書いているように、下方修正幅もほぼ想定通りだったと思います。
 ティア2011年第3四半期決算分析1
ティア業績下方修正その影響もあってか、発表翌日のティアの株価も大きく売られるという展開ではなく、織り込み済みという感じでした。昨日の出来高はゼロでしたが、大引け後の板状況は右の通りで、特に売り板が多く出ている訳ではありません。それよりも買い注文件数が増えているように感じます。
下方修正が発表されて売りが出てくるかもということで、下で待ち構えている買い注文が増えたようです。でも狼狽売りを出してくるような人がいなくて、出来高ゼロだったという感じです。

ティアの業績推移をもう少し詳しく見てみます。
ティア業績下方修正
上記のグラフは2005年からの売上と営業利益の推移を表しています。
点線はそれぞれの傾向を表していますが、下方修正後でも売上は過去の増加ペース並みの成長を続けています。2010年はカンブリア宮殿効果がフルに寄与して業績が大きく伸びているので、バブル分は割引いて考える必要があると思います。
営業利益についても上場後初めての減益ではありますが、昨年大きく伸び過ぎた反動であり、2009年までの成長ペースと比べると、大きく上回る実績になっています。こういった部分も評価されて昨日の株価水準になっているのかもしれません。
四半期別に見てみると、下方修正が必然だったことがよく分かります。
ティア業績下方修正
特に売上は修正前の計画が異常だったことがよく分かります。閑散期の4Qにこんなに売上が伸びるとは考えられません。ほぼ見込み通りの結果でしたが、3Qまでは好調だった前年売上を超えて推移していたので、4Qも前年同期を上回って欲しかったですね。
4Qで前年同期売上を下回ったのが若干今後に不安を残す感じがします。
名古屋市内の死亡者数推移を見ると、対前年同期比で1Q 1.3%、2Q 4.6%、3Q 6.3%、4Q 0.6%、通期3.2%となっているので、4Qの売上が不振だったのは死亡者数の伸びが低かった要因もありそうです。
ティア業績下方修正
営業利益面では売上と反対で、3Qまでは前年同期を下回って推移しましたが、4Qでは経費削減効果と前年の4Qが経費を使い過ぎた(^_^;)反動で、大きく上回りました。四半期ごとの推移を見ると2011年もほぼ例年並みですが、残念なのは1Qから経費削減に取り組む必要があったと思いますが、初動が遅れて1Qの営業利益が2008年さえ下回るような結果になってしまったことです。

ティア業績下方修正
営業利益率で見てもほぼ同様の傾向です。
1Qを除けば高水準をキープしているので、この調子で今期もがんばって欲しいですね!
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
 上位を狙っています♪クリック応援よろしくお願いします
るんるん


posted by Zaimax at 19:15 | Comment(1) | TrackBack(0) | 業績情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも大変楽しく拝見させて頂いております。毎度の詳細分析には敬服致す限りです。株式自体には今は注目度も無く価格的にはやや過小評価という気もしていますが、市場は変動するのが当たり前ですから、じっくり業績をみて判断したいと思って長年保有しております。 この会社は簡単には折れないと勝手に思ってますので(笑)以前のように、また業績の漸増を達成してくれれば嬉しいですね。 
Posted by at 2011年11月05日 13:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。