2011年08月08日

ティア2011年第3四半期決算分析1

2011年8月5日(金)にティアの2011年第3四半期決算が発表されました。
 詳しくは 次項有 平成23年9月期 第3四半期決算短信

前回の記事ではざっと見た感想を書きましたが、もう少し詳しく見てみたいと思います。
まずは売上高の推移グラフです。過去6年分を四半期ごとに並べています。
ティア2011年3Q決算
一番右端は通期の計画から3Qまでの実績を引いたもので、ティアが公表している4Qの目標値になります。
過去ずっと2Q(1〜3月の繁忙期)の売上が一番大きかったわけですから、今年に限って4Qの売上がこんなに伸びるとはちょっと考えられません。不可能とは言いませんがかなり無理のある数字だと思います。
たぶん5億円ほど売上が下方修正される可能性が高いと思います。
次に営業利益の推移グラフです。
ティア2011年3Q決算
売上のグラフでも2010年の伸びは大きいですが、これは2009年7月にカンブリア宮殿で取り上げられて以降テレビ出演が続き、ティアの業績にも大きく寄与したためです。
利益面ではさらに顕著に表れていて、2010年は1Qから3Qまで高水準の利益を計上しています。これが上方修正の原動力になりましたが、4Qで予想外に失速したのは、あまりにも現場が忙しくなったので社員を増やしたり、臨時ボーナスを支給したり、今期以降の反動減を防ぐために(あるいは利益が出過ぎそうだったので)広告宣伝費を大幅に積み増した影響です。
私も再度の上方修正は堅いと期待していたので、あまりの低水準の利益に青くなりました(笑)
経費の積極投入は2011年1Qも続いたので、前年と比べると大幅な減益になってしまい、株価が大幅に下落した要因になってしまいました。本来なら1Qから経費の適正化を図る必要があったと思います。せめて2009年1Q並みの利益は出してほしかったですね。
2Qでは経費の効率化も進み利益水準も回復してきましたが、1Qの落ち込みがあまりにも大きかったので、取り戻すまでは至りませんでした。そして今回発表の3Q決算を迎えたわけですが、利益水準は前年を下回っており、上期の未達分を取り戻すどころかさらに未達額が大きくなってしまいました
今期の営業利益目標は8億円であり、前年実績の7.7億円を上回る目標になっています。ところがここまではすべての四半期で前年を下回っており、9ヵ月分の未達分を4Qで挽回しなくてはいけない計画になっています。いくら前年の4Qが低水準だと言っても、ちょっとこの目標も難しそうに感じてしまいますね。
3Qの利益水準自体はかなり高いので、4Qもある程度は期待できそうですが、それでも1.7億円程度だと思うので、4〜5千万円は下方修正される可能性があると思います。
最近は折込チラシもぐっと減りましたし、テレビCMも減ったらしいという話も聞きます。(私はテレビをほとんど見ないので手(チョキ)
この点からはかなり販管費を絞っていると思いますし、もしかしたら計画値に近いところまで持ってこれるのかもしれません。愛知県内ではティアの知名度もかなり上がりましたし、私はティアの場合はテレビCMや新聞折り込みチラシにはあまり効果がないと思うので、こういった経費を絞るのは良いことだと思います。それよりも葬儀会館でイベントを開催したり、地域とのつながりを強める方が効果的だと思います。即効性はないかもしれませんが、地域から必要とされる存在になることが大事だと思います。

次は上記のデータを四半期別に折れ線グラフにしてみました。
ティア2011年3Q決算
年々売上を伸ばしていることがよく分かります。四半期ごとの動きもほぼ同じような推移をしています。
それにしてもカンブリア効果がフルに寄与している2010年度は凄いですねexclamation×2
2011年度はそれをさらに上回っているんですから素晴らしいですが、それでも4Q計画は異常すぎますわーい(嬉しい顔)
もちろんこのグラフの様になってくれたら嬉しいですけどねるんるん
ティア2011年3Q決算
営業利益も同じような感じです。2010年の4Qは明らかに異常事態ですし、2011年の4Qは逆にちょっと楽観過ぎると思います。
売上は前年を上回っているのに利益は下回っているのは、社員を増やしたり新規オープンした葬儀会館が増えたりして、固定費が増えているからだと思います。固定経費の増加ほどには売上が伸びなかったこと、また葬儀単価の低下が続いていることも利益率が低下した要因でしょうね。

最後に名古屋市内の死亡者数推移とティアの売上を比較してみます。
ティア2011年3Q決算
ティアの売上高もだいたい死亡者数の推移と同じように上下していますが、徐々に上方にかい離していて、ティアのシェアが高まっていることが分かります。もちろん名古屋市内以外での売上が増えているという要因も一部あります。
このグラフを見ても4Qの売上高はかなり飛び抜けていますね。この売上高を達成するためには、内部努力としてはシェアを大幅に高めるか、葬儀単価を大幅に引き上げるしかありません。あとは外部要因になってしまうので、神のみぞ知るという感じですね。
実績がどうなるのかは、11月初めに発表になると思いますが、だんだんと明らかになってくると思います。
次回は営業利益についてもう少し分析してみます。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
 上位を狙っています♪クリック応援よろしくお願いします
るんるん
 クリックすると別画面でブログランキングが開きますひらめき


posted by Zaimax at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 業績情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。