2011年03月18日

大震災に伴うティアの株価について

東北地方太平洋沖地震により被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
あまりの被害の大きさに言葉を失いましたが、1日も早く復興が進むよう願っています。阪神・淡路の地震も乗り越えましたし、日本には震災から復活する力が十分にあると信じています。

このブログも更新するのを控えていましたが、株価の動向に不安を感じている人も多いようなので、久し振りに更新します。基本的な考え方は下記のブログにまとめていますので、併せてご覧ください。
 次項有 日本の長期投資家にできること

ティアの株価も、この1週間大きく変動しています。
ティア株価推移
1日の変動幅、出来高も、流動性の低いティアにしては大きくなっています。
ティアの株価は2010年秋の2,200円をピークに、大きく分けて3段階で下落しています。
 12月には個人情報の紛失が明らかになり1,800円まで下落
 2月初めには第1四半期決算が大幅減益となり1,600円割れまで下落
 そして3月11日に発生した大地震により1,200円割れまで下落

という3段階です。地震は別として、こんなに下げ材料が続くとは予想していませんでした。
昨年の秋には、決算の上方修正&再度の増配発表があると予想し、今から見ると高値圏で買い込んでいたので、失敗だったな〜と思う部分はあります。第1四半期決算が大幅減益となったのは、第2四半期に向けた先行投資のため、という説明にも納得していますが、これだけ下がるのは予想外でしたね。
それでも冷静に考えてみれば、ティアが売られなければいけない理由はあまりないと思います。
ティアも信用銘柄なので、信用買いの建玉が2,900株あります。これは売る必要があったかもしれません。
そして2月までは小型株が好調に推移していたので、小型株を信用取引で買っていた人が、損失穴埋めのため持ち株の売りを出したことも考えられます。こういった動きを背景にティアも1,400株の成行売りが入り、売り気配でスタートしたので、現物株主の間でもとりあえず売れるうちに売っておこうという人も増えたのだと思います。
3月14日寄付前板状況
上記は3月14日(月)寄付前のティアの板状況です。それほど大きな売り板は出ていません。
14日の出来高は5,000株であり、1日を通して比較的冷静に判断した人が多かったように感じます。
それが翌日3月15日(火)11時過ぎから行われた、福島原発についての記者会見から流れがガラッと変わります。原発の状況が緊迫してきたことから、後場は全体的にパニック売りとなり、ティアにも大きな売り注文が出て、出来高も15,100株と激増となります。
ティア15分足
上記のチャートは今週の15分足ですが、3月15日の後場寄りには4,700株もできています。それでも5千株に近い売りを吸収するくらいの買いが入ったので、売買が成立したとも言えます。売りたい人もたくさんいましたが、同じくらい買いたい人もいたということになります。
この日に現時点での最安値1,160円を付けています。その後は値を戻して引けています。
全体の相場を見ても、この日がパニック売りのピークになっています。
今のところ私の投資スタンスも変わらず、ティアについては安くなれば買いたいと考えています。今週の値動きを見ていると、もうそんなに下がりそうな感じはしませんが。


2008年のリーマンショックの際も、ティアの出来高が膨らみ株価も大きく下がりました。
当時はオロオロと見ているだけであまり買うという行動に移れませんでしたが、今回はその経験を活かして、資金余力のある範囲で買いたいと思っています。
本当のファンというものは、多くのにわかファンが見放すような時にこそ応援をするものだと思います。ティアという会社は本当に応援したい会社の1社だと思っていますので、これからも株価が下がるようなら応援買いを入れていきたいと思っています。
それにしても悔やまれるのは、昨年の秋頃に高値圏で買い込んでしまったことですねもうやだ〜(悲しい顔)
自らの思い込みに固執し、冷静な判断ができていなかったのかもしれません。2010年第4四半期に、あれほど販管費が増加するとは予想外であり、悔やまれますね。
まあ秋に買っていなければ12月の下落時に買っていたと思うので、影響が少し減るだけで同じように悔やんでいたような気もするので、あまり意味のないことなのかもしれませんね。
大事なのは、常に余力を持って投資に臨むことですね。
買い余力がないと下落時に何もできませんし、精神的にも良くないですからね。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
 クリックすると別画面でブログランキングが開きます。


posted by Zaimax at 12:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株価動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。