2011年02月04日

ティア(2485)2011年第1四半期決算発表!

ティア(2485)の2011年第1四半期決算が発表されました。
決算発表は明日なんだろうな〜と思っていたので、ちょっと不意を突かれた感じです。前年は2月4日でした。
決算内容にもかなり不意を突かれましたが(笑)
ティア決算
今回の第1四半期決算は、上記の通り増収減益になっています。
2010年の第1四半期は、カンブリア宮殿出演効果やいろいろなテレビで取り上げられてティアの認知度が大きく高まった時期なので、前年のハードルが高い部分はありますが、それにしても4割近い営業減益には驚きました。
最近どうも株価が軟調だな〜と思っていましたが、決算が悪いのを織り込む動きだったんでしょうか?
ティア決算
明日以降の株価推移が少し心配ですね。

今回の決算から、特別損失に資産除去債務会計基準の適用に伴う影響額が計上されるので、純利益が落ち込むことは想定していましたが、営業利益は前年並み程度だろうと考えていました。
さらには売上高は前年同期を上回っているんだから、営業利益は前年を上回ってもいいように感じます。それが36%減益なので、予想以上に悪い結果ですね。
原因は販管費が大幅に増加したためです。
ティア決算
上記の通り原価率はさほど悪化していません。若干悪化していますが、想定の範囲内だと思います。
一方で販管費率は下記グラフの通り大幅に悪化しています。
ティア決算
明細が分からないので何とも言いようがありませんが、2010年度の第4四半期から販管費率が大幅に上昇している流れが続いています。
4Qがあまりにも販管費が多かったので、今期の費用を前倒し計上しているのだろうなと考えていましたが、第1四半期決算も併せてみると、それだけではないのかもしれませんね。
なにか大幅にコストがアップするような要因があるのかもしれません。
売上が伸びているのにさらに販管費率が上がっているわけですから、販管費自体は大幅に伸びていることになります。ちょっと理解できませんね。


葬儀単価の下落も続いています。
ティア決算
これだけ単価が下落しながら売上が前年同期を上回っているのは凄いことですが、今回の決算で評価できるのはこの点だけですね。
前年の葬儀件数は24%増と大きく伸びていたので、そこからさらに10%も上回ったのは評価できると思います。新規会館が順調に立ち上がっているんでしょうね。
それなのになぜこんなに販管費率が上昇するのか疑問ですね。
もう少し分析してみようと思いますが、材料が少ないので限界もありそうです。
今までは第1四半期から絶好調だったんですけどねぇ^_^;
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
 上位を狙っています♪クリック応援よろしくお願いします
るんるん
 クリックすると別画面でブログランキングが開きますひらめき


posted by Zaimax at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 業績情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。