2009年12月31日

2009年の株価を振り返る

いよいよ大晦日を迎え、2009年も終わりです。
この1年このブログをご覧いただきありがとうございました。
2010年もティアファンの皆様とともに、参考になる情報を集めて行きたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。

さて、この1年のティアの株価を振り返ってみると下記の通りとなります。(100分割を考慮せず)

2008年終値  83,500円
2009年初値  85,000円
2009年高値 148,000円 +77.2%(2009年7月7日)
2009年安値  83,000円 −0.6%(2009年4月10日)
2009年終値 133,000円 +59.3%

2485_1.jpg
   ティア(2485)2009年週足チャートグッド(上向き矢印)
年初は8万円台で推移していましたが、1月半ばから急に上昇を始め、一体何が起こったんだろう?と不思議に思っていました。後から12月、そして1月の葬儀受注件数が月間の最高を更新したことが分かり、1Qの好決算を織り込んだ動きなのかなと思っています。この時の高値が1月26日の103,000円で、遂に10万円を超えたか〜と感慨深く感じました。
その注目の1Q決算が発表されたのは2月5日ですが、10万円達成後2月4日までは下落しています。
1Q決算は7%増収20%前後の増益と好調でしたが、織り込み済みなのか9.5万円前後の狭い範囲での値動きが続き、10万円には届かず跳ね返されると言う動きでした。
3月以降は全体的に株が売られる影響も受け、じりじりと値下がりし4月上旬に今年の安値を付けました。この頃は業績も好調なはずなのにティアも売られてしまうのかな〜と感じていましたが、今から思えば買い増しておけば良かったですね(笑) 8万円割れで買いたいなと思って下値に買い注文は入れていましたが、下過ぎて約定しませんでした。
3月後半から5月初めにかけて株価が低迷していたのは、葬儀の受注が2月後半以降急にブレーキがかかった影響もあるのかもしれません。当時はそんなこと夢にも思ってませんでしたがもうやだ〜(悲しい顔)
この辺りまでの値動きを見てみると、ティアの葬儀受注件数をよく把握している人が売買しているようにも感じます。考えすぎかもしれませんが、四半期決算を先取りして動いているように感じます。

2Q決算は5月12日に発表されましたが、3%増収3%前後の増益と事前の期待を大きく下回る結果でした。1月も好調と会社説明会で聞いていたので、かなり意外感のある2Q決算でした。しかしながら株価はそれほど反応せず、その後も順調に上昇していき6月初めにまた10万円突破にチャレンジします。6月9日に半年振りに10万円を達成し少し調整しましたが、すぐに切り返し怒涛の上昇を開始します。
6月中旬くらいまでは、2Q決算から考えると今期の業績達成は厳しそうなのになぜこんなに株価が堅調なのだろう?と不思議に思っていたものです。

ネット上を検索してみると、6月上旬頃から冨安社長がカンブリア宮殿に出演するらしいという噂が書き込まれるようになっていました。当初は6月29日放送と言われていました。この情報をいち早くキャッチした人達が買いに入り、6月初めからは出来高を伴いながら上げています。しかし6月中旬くらいまでは比較的おとなしい値動きでした。
私がこの情報をキャッチしたのは、株主総会ツアーで東京に滞在していた6月22日です。その日は年初来高値を更新し10.8万円の高値引けで、出来高も58株と急増していました。その後の急上昇を考えれば買い増してもいいタイミングですが、10日間ほどの東京滞在中ということもあり動けませんでした。

2485_2.jpg
   ティア(2485) 2009年日足チャート クリックで拡大グッド(上向き矢印)
6月末から7月3日(金)にかけて急騰し6日(月)22時からのカンブリア宮殿を迎えました。ティアの知名度アップにはいい内容でしたが、翌7月7日寄り付き14.8万円をピークに急反落してしまいました。この日の値幅2.1万円というのはティアにしては激しい値動きですし、出来高279株というのも驚くべき出来高です。
上昇が大きかっただけに反動も大きいのかな?と思っていましたが、12万円を底に下げ止まりました。ここまで急騰した割には善戦していると思います。
この間8月7日には3Q決算が発表されています。予想通り0.1%増収3〜20%の減益と大幅に前年同期を下回りました。この前後の値動きを見てみると、7月7日の高値からの反動安から回復途上の株価が、予想外に悪い決算に驚き反落しています。その後は10月初めまで底値固めの動きを続けましたが、10月4日(日)のTheサンデーNEXT(日本テレビ系全国ネット)で9時すぎにティアが特集され、また急騰し14万円を付けています。その後は13万円を中心とした値動きが続きました。
11月11日にはカンブリア効果で予想外に絶好調の4Q決算が発表されましたが、織り込み済みなのかそれほど株価は反応しませんでした。
そして2009年度は133,000円(株式分割後は1,330円)、前年末と比べて59%の上昇で2009年を締めくくりました。
当初は2009年の秋頃ドラマ化されると言われていたので、年末にはかなり株価が上がっているんじゃないか?と期待していましたが、ドラマ化が来年以降に先送りとなったので、そこまでの株価上昇とはなりませんでした。しかし全国的に死亡者数が横這いになると言う逆風のなか、タイミングよくメディアに取り上げられ、業績にも株価にもいい影響があった1年でした。ティアそして冨安社長は運に恵まれているというか、幸運を引き寄せている、周りから応援されているな〜と感じた1年でした。

さて2010年の株価はどう動くのでしょうか?
好材料はそのまま来年以降に持ち越していますし、エスケーアイがフランチャイズ契約するなど、今後のプラス材料も増えてきています。ティアの知名度が向上していることに加えて、直営・フランチャイズも含めて会館オープンが加速していることが相乗効果となり、業績面でも期待できるのではないかと思います。暖冬傾向ということで、全体的な死亡者数の伸びがどうなるのか?という部分はありますが、着実にシェアを伸ばしていくのではないでしょうか。メディアで取り上げられる機会も増えそうです。
2010年の株価推移も楽しみですねわーい(嬉しい顔)
2010年もティアを応援して行きましょうるんるん


posted by Zaimax at 11:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株価動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。