2009年10月26日

10月25日(日)仏滅のティア浄心

今日も名駅方面に行く用事があったので、ティア浄心の状況をチェックしてきましたわーい(嬉しい顔)

   行き ティア浄心 1件ぴかぴか(新しい)、平安会館浄心 0件、愛昇殿那古野 0件

   帰り ティア浄心 1件ぴかぴか(新しい)、平安会館浄心 0件、愛昇殿那古野 0件

ティア浄心の2件は別の葬儀です。行きの葬儀は24日お通夜、25日葬儀、帰りの葬儀は25日お通夜、26日葬儀です。
他社が0件なのに、ティアだけ1件づつ依頼を受けているとは素晴らしいですね。


今までは平安会館浄心と比べると負けていたと思うんですが、最近は互角以上に葬儀の依頼を頂いているように感じます。ティアの知名度が上がってきたのに加え、ティア浄心の地道な営業活動が実を結びつつあるんでしょうか。
ティアは名古屋の南西部や南東部は比較的強い印象がありますが、北西部は平安会館の方が優勢な感じがしていました。北西部でも強くなってきたとすると、今後がますます楽しみですねるんるん
これからもティア浄心の前を通るたびに確認してきますわーい(嬉しい顔)


posted by Zaimax at 00:23 | Comment(4) | TrackBack(0) | 受注動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホームページのプレスリリースに分割と単元株制の発表がありました。そこで質問ですが、今回の分割は制度上のものだけで株主にはあまり好材料というほどの事ではないのでしょうか?若干株価は影響うけたようですが、よろしくお願いします。
Posted by 長期ホルダー at 2009年10月31日 19:02
長期ホルダーさん、いつもありがとうございます。
分割に気付いたのが東京株主総会ツアーに出発するちょっと前だったので、まだ記事にできていませんが近々記事にしたいと思っています。

私がプレスリリースをざっと読んで感じたのは、東証上場の準備作業の一環として、売買単位を100株にするように指導があったんじゃないかな?ということです。そこまでは具体化していないとしても東証上場を睨んでの変更なんだろうな〜と感じました。
売買単位を変更するだけなので特に好材料ではありませんが、その背景まで推測すると好材料なのかもしれませんね。あくまで憶測ですが(笑)
このプレスリリースだけでは、特に材料視されるような内容ではありません。株券も電子化されているので、会社側にとってもデメリットは少ないと思います。

併せて定款変更のプレスリリースも出ていて、株主総会が12月21日に開催されることも分かりました。ちゃんと予定に入れておかないといけませんね!
Posted by Zai at 2009年10月31日 22:16
2009・・・名古屋2部
2010・・・名古屋1部or大阪1部への審査開始
2013・・・名古屋1部or大阪1部

はやければ2015には可能か?
急速な発展は人材難になりやすい。社長も経験ありなので東京1部には2017くらいかな。
気長にいきませぅ。


Posted by 10株ホルダー@10万 at 2009年11月25日 22:57
10株ホルダー@10万さん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

ティアは下記の様に上場市場を変えてきています。
2006年6月 名証セントレックス上場
2008年9月 名証2部上場

大阪にも進出しているので大証に上場する可能性も無い訳ではないですが、上場維持費用も掛かるので次は東証2部を目指すのではないかと思っています。
東証2部に上場するのは2011年ごろかなと想定しています。

今期・来期は東海地方で出店ラッシュを迎えそうですし、並行して関東地域でのフランチャイズ契約が2010年中に決まってくると、2011年の関東進出&東証2部上場が見えてくると考えています。
関東地域でのフランチャイズ契約がいつ頃決まるか?がポイントだと思います。

東証1部はその後の業績伸長しだいですが、順調に行けば2013年頃に実現しても不思議ではないと思います。
かなり希望的観測が入っていますので、2017年ごろが妥当なのかもしれませんが(笑)
10株ホルダーさんのおっしゃる通りで、人財をしっかり育てて着実に成長していって欲しいですね!
これからもこのブログをよろしくお願い致します。
Posted by Zai at 2009年11月27日 23:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。