2009年09月14日

名古屋市内のシェア推移

8月下旬から3週連続でティアの会社説明会に参加しましたが、その中で7月のシェアは18%に達したとの説明がありました。カンブリア宮殿に出演した効果が、葬儀業界でこんなに短期間に現れるとは予想外でした。今までは15%前後だったので、18%というのはかなり高いシェアになります。

葬儀件数はティアが独自に調べているので、詳しいデータは分かりませんが、葬儀会社別の葬儀件数データとしては、中日新聞の訃報欄のデータがあります。
訃報を載せる基準は葬儀各社で異なるでしょうし、オプションで依頼されるケースもあるので正確ではありませんが、2008年10月からのデータを調べてみました。図書館で中日新聞の縮刷版を1ページずつめくりながら件数を調べるのは骨の折れる作業でしたもうやだ〜(悲しい顔)
8月までの実績をグラフにしてみました。

葬儀件数推移グラフ

訃報の傾向としては、名古屋市内シェア2位の愛昇殿の件数がとても多いんですが、なぜか2009年1〜6月は訃報件数が激減しています。
100件前後あった訃報件数が1月以降30件や10件台に激減しています。葬儀件数自体がそんなに激減しているとは思えないので、訃報の掲載基準が見直されたんでしょうか?どなたか理由の分かる方教えていただけませんか?
7月からは急回復して100件近くに戻っています。本当におかしな動きですねexclamation×2

ということで、このグラフからは7月ティアが好調だったのか読み取れません。
グラフから愛昇殿を除いて、ティアとトップの平安会館のみにしたのが下のグラフです。


葬儀件数推移グラフ

これを見ると確かに7月はシェアが高くなっていますが、12月や2月と同じ程度で飛び抜けて高いというわけでもありません。8月は逆にシェアがかなり低下しています。
もちろん訃報欄のデータだけでは不完全ですが8月のシェアがどうだったのかも気になりますね。これからも継続的にデータを調査して行こうと思います。

   FX取引なら まじめなマネーパートナーズがお薦めですひらめき
外国為替証拠金取引|マネーパートナーズ
葬儀件数推移グラフ

名古屋市内上位3社の訃報件数推移は上記の通りです。
愛昇殿の件数がいびつなのが一目瞭然ですねがく〜(落胆した顔)


posted by Zaimax at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 受注動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。