2009年09月15日

2009年9月2日 東京会社説明会!

2009年9月2日(水)に東京で行われた 名証IRセミナーin東京に行ってきました。ティアの会社説明会を聞くために、わざわざ名古屋から東京まで行くのはどうかとも思いますがあせあせ(飛び散る汗)せっかくの機会なので参加してきました。今回で3週連続のティアの会社説明会出席になりますわーい(嬉しい顔)
ティア会社説明会in東京
資料は同じ過去2回と同じで、説明の内容もほぼ同じですexclamation×2それなら尚更わざわざ東京まで行かなくてもあせあせ(飛び散る汗)という感じなんですが、それでも聞きに行きたくなるような魅力が冨安社長にはあるんですよね〜ぴかぴか(新しい)
詳しい説明内容は下記の会社説明会レポートをご覧ください。

 2009年8月18日の会社説明会レポート

今回の会社説明会には名古屋の3社が登場しました。順にシーキューブ、クロップス、そしてティアです。東京では質疑応答が活発かな?と思っていましたが、シーキューブではほとんど質問がなく低調でした。が、クロップスでは少し質問が出て、ティアでは時間一杯質問が続き、会場を出てからも個人投資家に囲まれて質問攻めになっていました。カンブリア宮殿に出演した効果なのか東京でも冨安社長は大人気でした手(チョキ)
カンブリア宮殿を見て株主になったという人もいて、カンブリア効果はいろんな面で大きいですねexclamation×2

新たな説明内容について気付いた部分をまとめてみます。

ティアTEARという社名については、葬儀会社なんだから★○★セレモニーとか◆○◆葬祭にした方が分かりやすいという考えもあるが、イメージも重視し将来まで考えてティアという社名にした。
僕が葬儀屋さんになった理由は、たぶん来年にテレビドラマ化されるひらめき
原作本は、カンブリア宮殿で村上龍さんが薦めてくれたので、いまだに売れ続けている。印税は全額カンボジアの学校建設に寄付している。


テレビドラマ化は当初今年の秋頃と言われていましたが、なかなか情報がなくてどうなったんだろうexclamation&questionと思っていましたが、来年になったようです。
こちらの秋ドラマ情報ページを時々チェックしていたんですが、徐々にタイトルが埋まっていき、結局「僕が葬儀屋さんになった理由」は登場しませんでした。どうしちゃったんでしょうね?カンブリア宮殿に登場し、10月からはドラマ化exclamation×2となればティアの知名度も急上昇するグッド(上向き矢印)と期待してたんですがもうやだ〜(悲しい顔)
まあ次は来年の新春ドラマに期待です。あるいは東京進出とタイミングを併せてドラマ化というのもいいのかもしれませんね。
印税はすべて寄付しているそうですが、ワタミのスクール・エイド・ジャパンもカンボジアに学校を作っています。なにか関係があるんでしょうか。

サービス面では葬儀業界のリッツカールトンを目指しているひらめき
社員教育を行っているティアアカデミーも学校にしたいくらいだ。


リッツ・カールトンという説明は初めて聞きましたね。東京での説明会ということで今までとは少し説明の仕方を変えているのでしょうか?
これからもサービスで評価される葬儀社を追及していってくださいね。

7月6日のカンブリア宮殿に出演したが、7月のティアの会入会者が1,800件に達した。通常月は千件前後なので急増している。ネットでの入会も100件あった。
7月の名古屋市内の葬儀件数のシェアは18%に達した。(6月までは15.6%)


冨安社長もカンブリア効果に驚いていたようです。カンブリア宮殿放送中は私のブログへのアクセスも急増していたので、ネットからティアの会に入会した人もたくさんいたんですね。葬儀業ということもあり、シェアも含めてこんなに短期的な効果があるとは予想外でした。
もっとじわじわと効果が出てくるものだと考えていました。

会館の出店にあたっては、現在は年3〜4館のペースなので、地主さんとの交渉は社長自ら出向いて、なぜティアの会館を建てたいのか口説いて回っている。10年前よりはよくなったが、まだまだ葬儀会館を作るということに地主さんの抵抗があり、計画通りに会館が作れず時期がズレてしまう。10月にオープンする瑞穂と名東も本当は今期中にオープンしたかった。

テレビや雑誌、新聞などに冨安社長が登場してティアの知名度が上がっていけば、地主さんの抵抗も和らいでくるんじゃないかなと思います。ティアの良さを理解してもらえたらぜひうちの土地に作ってくださいと言われる様になるかもしれませんねわーい(嬉しい顔)

全国の政令指定都市の葬儀価格比較のページでは、千葉市の価格が一番高いが、こういった所にこそティアが行ってあげないといけないと思っている。カンブリア宮殿でも葬儀価格が話題になったが、放送後にも「価格を出すなexclamation×2」と脅しの電話があった。

まだ嫌がらせの電話をしてくるような業者がいるんですねちっ(怒った顔)
葬儀価格の高い所にこそティアが行かなければという部分では拍手が沸いていました。ティアの知名度が上がるにつれ進出もしやすくなっていきますね。これからが楽しみでするんるん

名古屋でキャッシュフローゲーム会を主催していますひらめき
ティアについて語り合いながらキャッシュフローゲームを楽しみましょうるんるん
詳しくは 次項有 キャッシュフローゲーム会 in 名古屋のページへ
ティア会社説明会in東京

質疑応答
(1)霊柩運送は免許が必要になると思うが、同業者との関係が悪いと免許がもらえなかったり、霊柩車を回してもらえないなどの不都合が出てくるのではないか?
→昔はそういった妨害を受けたこともあるが、霊柩車が空いているのに車を回さなかったりすると免許取り消しになるので、今はそのようなことはない。将来は分からないが当面は本業に集中するので、霊柩車事業には参入しない。

葬儀件数も増えてきて事業も順調に拡大しているので、霊柩車など周辺業務も内製化していった方がサービス面・利益面でもメリットがあると考えていました。同業の平安レイサービスなどは周辺業務も内製化し、売上単価アップ・高利益率を実現しています。ティアも同じ様な方向を目指すと思っていましたが、まずは全国展開を優先しているようです。

(2)東京へはいつ来てくれるのか?もう待っていられない。
→ありがとうございます。今は近い将来としか言えません。

今までは名古屋の説明会にしか出席したことがありませんが、名古屋だと成長面からいつ関東に進出するのか?という質問になりますが、こちらではいつ来てくれるのか?ぜひ早く来て欲しいという要望になるんですね。説明の中でも「東京には近い将来進出しますexclamation×2時期は言えませんが」と含みを持たせる発言に変わってきたので、徐々に計画も煮詰まってきて、発表も近いようなニュアンスを感じました。
かなりバイアスがかかった見方なので、あまり参考にはなりませんがわーい(嬉しい顔)

(3)エンバーミング(遺体の長期保存処理)には取り組んでいるのか
→要望があれば専門業者に依頼して対応できる。たくさんの葬儀の現場を経験してきたが、国土が広くて会葬者が集まるのにも時間がかかるアメリカと違って、日本ではあまり需要がないと感じている。

(4)生活保護者の葬儀も引き受けているそうだが、通常の葬儀の様に7〜8%の利益は出るのか?それとも赤字でもCSR的考えで行っているのか?
→もちろん事業として葬儀を行っているので、生活保護者でも赤字にならないように工夫している。ただ一般の葬儀のような利益率は無理で、人件費まで入れると赤字にならない程度です。市町村によって葬儀補助額が異なっているので厳しい地域もある(普通は20万円だが18万円から20万円以上とばらつきがある)

ティアは質疑応答も活発で質問が途切れませんでした。冨安社長の退場時にも多くの人に声をかけられたり、名刺交換したりでなかなか会場から出られない状態でした。
名古屋での説明会より人気がありましたねひらめき
プレゼも良かったですし、カンブリア宮殿効果も大きいんでしょうね。
関東圏でも着実に知名度は上がってきているようです。冨安社長に、カンブリア宮殿を見て株主になりましたと言っている人もいました。冨安社長は、これからもがんばって株価を上げて行きますので長い目で応援してください、と言っていました。放映後に買ったということは株価は下がっていると思いますが、不満という感じはなかったですね。ティアを応援してくれる人が増えてくるのは嬉しいものです揺れるハート

会場を出る時には冨安社長のすぐ横になり、東京まで来ているんですかexclamation×2と驚かれてしまいました(笑)
名古屋から説明を聞きに来たからなのか、3週連続で説明会に参加しているからなのか分かりませんが、冨安社長から握手を求められてしました手(チョキ)嬉しかったですね〜わーい(嬉しい顔)本当にありがたいことでするんるん
これはもう少し買い増さないといけないですかね〜ぴかぴか(新しい)
すでにかなり買っているんですがあせあせ(飛び散る汗)



テレビドラマ化が遅れるというのは残念ですが、事業は順調に進んでいるようですし、関東圏での知名度も着実に上がっているようで、来期以降がますます楽しみになってきました。今までは名古屋での説明会にしか参加したことがなかったんですが、他の地域での説明会に参加するのも参考になりますね。
東京まで聞きに行って良かったな〜と感じました。

ティア会社説明会in東京
 満席で大人気でしたるんるん


posted by Zaimax at 01:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。