2009年02月16日

上場している葬儀会社の決算比較

現在葬儀会社は4社上場していますが、各社の決算が出揃いましたので比較してみました。
上場しているのは、燦ホールディングス(9628)、サン・ライフ(4656)、平安レイサービス(2344)そしてティア(2485)の4社です。

   詳しくはこちらをご覧ください

4社の四半期ごとの決算推移を比較しています。ティアは9月決算なので、他の3社と期を合わせて比較しています。

クリックすると拡大表示されますひらめき
拡大しても見にくい場合は、シートの上にマウスを持ってきてクリックすると、元の大きさで表示され見やすくなると思います。
   Tear08hikaku.jpg

ティア以外の3社は、第3四半期決算と同時に通期見込みを下方修正しています。平安レイサービスは小幅修正ですが、他の2社は大幅下方修正になっています。
その結果、前年と比べると横ばいになってしまったり、下回る見込みになってしまいました。
葬儀業界は安定的に成長して行くと思っていましたが、前年実績を下回ってくるとはちょっと意外でした。
通常1−3月期は、10−12月期と並んで葬儀件数が多くなる四半期ですから、下方修正したとはいえ燦ホールディングスや平安レイサービスは利益が伸びると見込んでいます。
サンライフは葬儀単価ダウンに苦しんでいて、4Qもかなり抑え目な見込みになっています。今期は下方修正を繰り返しているので、これ以上下方修正はできない!ということで弱気な目標に見直したのでしょうか?
ティアも2Qだけで見ると利益面では横ばいの様に見えます。しかしこれは中間期の見込みを据え置いているためで、足元の状況は12月、1月と過去最高の葬儀件数を受注するなど好調のようなので、たぶん4月頃に上方修正してくると考えています。


葬儀業界は景気の変動を受けにくいと言われてきましたが、今回の不況は競合の激化と葬儀単価のダウンという形で、大きな影響を受けているようです。
これからも葬儀件数は増加して行きますが、葬儀にかけられるお金は減っていくと思うので、低価格の葬儀に対応できる会社が生き残っていくんでしょうね。

不景気の時こそ、各社の力の差が現れてくると思います。各社が今回見込んだ数字が上方修正されるのか下方修正されるのか、またどんな理由付けをするのか、4月から5月の発表が楽しみですねわーい(嬉しい顔)
葬儀業界の成長には期待しているので、これからも各社の業績をチェックして行きたいと思いますexclamation×2

最後までお読みいただきありがとうございました。口座開設キャンペーンで現金プレゼントがあったり、一定額までの手数料が無料になる証券会社など、投資する際にお得な情報を集めましたので、こちらにもぜひご協力よろしくお願いしますひらめき

 証券会社やFX会社のお得な情報は → こちらですぴかぴか(新しい)

各社の決算については個別にまとめています 決算発表順ひらめき

 ティアの決算は → こちらです

 平安レイサービスの決算は → こちらです

 サン・ライフの決算は → こちらです

 燦ホールディングスの決算は → こちらです


若干見方が偏っている点についてはご容赦くださいわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)


posted by Zaimax at 02:58 | Comment(1) | TrackBack(0) | 競合会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ステキなブログですね。seesaaのランキングサイトから飛んできました。旅は人の心を豊かにさせますね。今年の旅行の予定は決まりましたか?FC2で旅行関係のブログを書いてます。
http://tavivito.blog62.fc2.com/

★相互リンクを張りませんか?
リンク仲間と共にアフィリやアクセスアップにも力を注いでます。ブログジャンルは問いません。よろしくお願いします。こちらにメール下さい。
plaza.rakuten.hotelman@gmail.com
(URLとブログ名を明記して下さい)ではまた来ます。
Posted by 旅行好きのためのブログ at 2009年02月16日 07:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。